• ホーム
  • ケアプロストの利用の際は色素沈着が起きないように注意しましょう

ケアプロストの利用の際は色素沈着が起きないように注意しましょう

きれいな女性

数あるまつげ育毛剤の中でも、育毛効果が高いとして利用者が増えてきているのがケアプロストだといわれています。ケアプロストにはビマトプロストという有効成分が配合されているため、まつ毛の根元に塗布することによってまつ毛が長く伸び、毛根が活性化されることでハリとコシのある健やかなまつ毛に仕上げることが出来るメリットがあります。

実際に使用することで得られる美容効果は、毛の色を黒くして成長期を延長し伸ばすことが出来ます。更に毛根に有効成分が働けることで、これから生えてくるまつげも強く太い毛質に整えることが可能です。実際にこの育毛剤を使用すると毛が伸びる効果が高くでるので、全体のトリートメントケアとして利用されることが多いまつげ美容液と比較しても、使用した約8割の利用者に効果があることがわかっています。塗ることで毛根を活性化させ、育毛効果を得ることが出来るケアプロストですが、使用する際には非常に注意をして目元に使用する必要があります。有効成分であるビマトプロストは毛根に浸透することで黒く健康なまつ毛を育てることが出来る反面、毛以外の目元の皮膚に付着してしまうと色素沈着を起こしてしまう副作用が起こりやすくなります。

人によってはとにかく短期間で、太くしなやかな毛に育毛させたいと無茶な量を使用してしまう場合がありますが、ケアプロストの量を多く塗っても毛の伸びが早くなることは全くなく、一滴を根本に丁寧に塗るほうが確実に毛全体の伸びを良くすることが出来るといわれています。塗布する薬剤の量が多すぎてしまうと、まぶたや目元に付着してしまう原因となるので、有効成分が皮膚に浸透してしまい色素沈着を起こして目元が黒くなってしまうリスクがあります。そのため塗布をする際のポイントとしては、決められた量を少量ずつ重ね付けをしていくと、目元に余計な薬剤が付着してしまうのを防ぐことが可能です。また上まつ毛に塗布した後は、下まつ毛にも塗ろうとする人が多いですが、下まつ毛に塗ってしまうと目に付着しやすくなる恐れがあるので、塗るのは避ける必要があります。

また、まばたきをした時に、塗布した薬剤がしたまつ毛に付着しやすくなるので、場合によっては有効成分が作用して下のまつ毛が育毛効果を得る場合は少なくありません。ケアプロストは医薬品なので、化粧品のような無茶な使い方をせずに正しい使い方を理解して適切に対処する夜にしましょう。