• ホーム
  • ルミガンには併用禁止の処方薬が何種類か存在していますので注意しましょう

ルミガンには併用禁止の処方薬が何種類か存在していますので注意しましょう

まつ毛の育毛ケアとして、使用される機会が増えてきているのがまつげ育毛剤のルミガンです。ルミガンは緑内障の治療薬として使用されており、有効成分のビマトプロストによって毛根の活性化におけるまつ毛の育毛効果があることが注目され、まつげのボリュームアップのために使用する育毛剤として多くの利用者に支持されています。ただ、医薬品でもあることから、利用する際には併用してはいけない処方薬も存在しており、何か持病で薬を利用している人の場合必ず併用禁止の薬に該当するか確認することが重要です。併用注意とされている処方薬には、プロスタグランジン系点眼剤とラタノプロスト含有点眼剤が挙げられます。この2つの処方薬とルミガンを併用した際の臨床症状として、眼圧上昇作用があったことから併用することはとても危険だといわれています。

目の治療薬としてプロスタグランジン系点眼剤とラタノプロスト含有点眼剤を処方されている場合は、ルミガンを利用する前に必ず医師に相談をすることがトラブルを防ぐためにも重要です。ルミガンをまつ毛に使用する上で注意すべき人は、喘息の症状がある方や虹彩炎やぶどう膜炎などの眼内炎を起こしている人、無水晶体眼や眼内レンズを挿入している人など、何かしら目の病気を治療中の方は点眼剤を使用している場合が大半です。目元に近い部分に使用するルミガンは併用する際には特に気をつける必要があります。目の病気以外にはヘルペスウイルスが存在している可能性がある人や、妊娠中や授乳中の女性もルミガンを使用する場合は慎重に用いる必要があるため、初めてルミガンでまつ毛育毛に挑戦しようと思っているなら医療機関で医師に相談をして問題はないか確認するようにしましょう。

ルミガンを使用するにあたり、瞳に薬剤が入らないように専用のブラシを使用してまつ毛の生え際に丁寧に塗っていくことが大切です。まつげ美容液とは異なりまつ毛全体に塗る必要はなく、全体に塗りすぎてしまうと皮膚に付着してしまう原因となるため、色素沈着などの副作用が起こる可能性があります。また塗布する際には上まつげのみに抑えて、下まつ毛には塗布しないように気をつける必要があります。下まつ毛の生え際に塗ると、眼球に薬剤が付着する可能性が高く、目の充血や痒みなどを発祥する可能性があるので、塗る際には十分注意して使用するようにしましょう。正しい利用方法と、併用出来ない処方薬がないか確認して安全に使用することが大切です。