• ホーム
  • 安全に使わないとまつげ育毛剤で失明する可能性もあるのです

安全に使わないとまつげ育毛剤で失明する可能性もあるのです

目がきれいな女性

自宅で手軽にまつ毛の育毛ケアが行えるとして人気が高いまつげ育毛剤ですが、元々は緑内障の治療薬として利用されていた点眼薬でした。配合されているビマトプロストという有効成分が、副作用としてまつ毛が増量したことを利用してまつ毛の育毛剤としても利用されている特徴を持っています。今では緑内障の治療薬以外でも、美容皮膚科クリニックなどで処方してもらうことで、誰でもまつげ育毛剤が利用できる用になっているのです。ただ、有効成分ビマトプロストは、高い育毛効果がある反面正しい使用方法を行わないと、デリメートな目元や瞳に刺激を与えて副作用が起こる可能性があります。まず挙げられる副作用として、過度な量をまぶたや目元に付着させてしまうと色素沈着を起こしてしまったり、薬剤が目に入ってしまうことで充血や痒み、乾燥などのトラブルが起こる可能性があります。

いまのところ失明の危険性はないといわれていますが。どんな医薬品も雑な使用方法で使い続けることで、目に多大なるダメージを与えてしまい、失明をしてしまう可能性はないとも言い切れません。そのため初めてまつげ育毛剤を使用するという方は用法用量を守り、副作用が起こってしまった場合は育毛剤の使用をやめて症状が落ち着くのを待つことも大切です。人によってはまつげ育毛剤に含まれているビマトプロストにアレルギー症状を起こしてしまう方もいます。そういった場合、副作用がいつまでも改善しないというトラブルが起こる可能性があります。その場合は早めに医療機関にかかって医師に相談をすることをおすすめします。

目元は角質層が薄く非常にデリケートな部位でもあるので、肌質がデリケートな方や以前化粧品などを利用してアレルギー症状が出てしまった方などは、目元に使用する前にパッチテストを行って問題はないか確認することも大切です。ドラッグストアや薬局などで販売されているまつげ美容液は化粧品ですが、まつげ育毛剤は医薬品に分類されています。使用用途も美容液はダメージを受けたまつ毛に美容成分を与えて補修し、抜けにくく強い毛質に整えることを目的としていますが、育毛剤の場合まつ毛全体に塗るのではなく、生え際に塗ることで有効成分を浸透させ、育毛効果を与えることを目的としています。最近は通販サイトで手軽に注文出来るようになってきていますが、本来は医療機関で医師の指導を受けた上で使用する必要がある医薬品なので、正しい使い方を理解し、肌トラブルが起こった場合はきちんと医師に相談をするようにしましょう。